他人の脚を見たとき

脚をやせたいと思う時、他人の脚を見たときです。

 

細くてキュートな脚をみると、とても羨ましくなります。

 

私の脚があんな脚だったらな…と思います。

 

また、太っている脚を見たとき、

 

そんな脚にはなりたくないな…と、つくづく思います。

 

そして食生活を気にします。

 

体を作るのは食生活。体に良いものを取ろうとはりきります。

 

美しくなるというのは、美容にとても気を使うことなのかな…と思います。

 

内面から美しくなるこれは、理想です。

バイトをしていたときのこと

バイトをしていたときのことです。職場の決まりで黒のパンツをはかなくてはいけない決まりがありました。自分は決してやせているほうではありませんが、ほかの人たちが結構ぽっちゃりしているので、ぜんぜん気にせずいられました。が、ある日とてもやせた人が新しくバイトに来て、そのひとのすらっとした足を見たとき、このままではいけないと、気づきました。自分のおかれた環境で満足していると後が怖いですよね。痩せてる人と一緒にいると気が引き締まります!